新着情報

英数学館中・高等学校 ベトナム/クエンナム省 『教育フォーラム』へ参加!

2018年09月11日

2018年夏 ベトナム/クエンナム省で開催
教育フォーラム「日本教育経験の意見交換会」に英数学館中・高等学校(広島県福山市)の林教頭が日本の学校教師を代表し、講師として参加いたしました。

英数学館中・高等学校(広島県福山市)では、林教頭がベトナムのクエンナム省で開催された、教育フォーラム「日本教育経験の意見交換会」に日本の学校教師を代表し、講師として参加いたしました。
同フォーラムでは教育関係者・保護者・生徒ら約300名が、3時間の教育談議に耳を傾けました。

当日は、
 ・日本大使館から日本の教育制度について
 ・留学支援をしている公益財団法人国際労務管理財団から高等教育のシステムについて
 ・日本へ留学の経験があるベトナムの方からその経験について
説明がありました。

ベトナムでは、日本の教育制度を参考に次世代のシステム作りを試みようと勤しんでおり、参観者は真剣に話に耳を傾けていました。
「日本の教育はどのような改革を行ってきたのでしょうか?」
「日本の学生は教師を選べますか?」
「日本の教科書はどのように決定しますか?」
といった質問が講師に飛びました。
指導要領のシステムと改変、学生が教師を選ぶ場面はほとんどないこと、教科書検定制度について、林教頭が詳しく説明をしました。

また、林教頭が日本の教育制度の説明、現在の問題点、そしてベトナムへの提言などを約30分間行いました。
参加者のトゥンさんは、「ベトナムは少しずつ豊かになってきていますが、大学を出ても就職ができない若者が増えています。また新しい物を作ることが苦手です。日本の知見をいただけたことをとても感謝しています」と笑顔を見せていました。

【英数学館中・高等学校について】
https://www.eisu-ejs.ac.jp/high/
開校以来、グローバル社会で強く生き抜く力を持った人材育成を目指す当校では、「いくつになっても学び続ける力」、「前向きに物事に取り組み、最後まで諦めずにやり抜く力」そして「自らの価値観、考えを形成する力」に主眼を置いた教育を実践しています。
それぞれの目標に見合ったカリキュラムによる効率の良い学習プログラムで、未来を拓く人材を育成輩出します。

【広島加計学園について】
https://www.eisu-ejs.ac.jp/
英数学館中・高等学校の設置母体である学校法人広島加計学園は、1979年に設置認可を受け、翌年4月に英数学館中学校、1994年には英数学館小学校を開校し、小中高12年一貫教育体制の構築を実現。知・徳・体の調和を図る教育によって、国際的な視野を持って地域や社会に貢献し得る人材育成を目標としています。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
学校法人広島加計学園 英数学館中・高等学校
〒721-8502 広島県福山市引野町980-1
TEL:084-941-4115(代) FAX:084-941-4143