学校紹介

学校紹介

昭和57(1982)年開校以来、今後のグローバル社会で強く生き抜く力をもった人材育成をめざし、グローバル教育に取り組んでまいりました。
現在は「IBクラス」「アドバンストクラス」の2クラスを設置しています。

  • いくつになっても学び続ける力
  • 前向きに物事に取り組み、最後まで諦めずにやり抜く力
  • 自らの価値観、考えを形成する力

に主眼を置いた教育を実践しております。
なお、設置母体である学校法人広島加計学園は、昭和54(1979)年に設置認可を受け、翌年4月に英数学館中学校、平成6(1994)年には英数学館小学校を開校し、現在では小中高12年一貫教育体制を構築しております。

校章

建学の理念

自らの天分を最大限に伸ばし
小中高一貫の優れた教育によって英知を養い
新しい時代の人間として
国際社会に貢献する人材を育成する
知・徳・体の調和を図り
豊かな品性と国際性を養う

Eisugakkan Elementary Junior and Senior High Schools

学校目標

叡智に満ち豊かな品性と壮健な身軀を備え新しい時代の人間として国際社会に貢献し日本や世界を担う人材の育成

校訓

品性 自らの性格を道徳的価値としてみる場合の人格を磨くこと 真理 まことの道理(すじみち、人の行うべき正しい道)を求めること 創造 不断に培う叡智でもって新たなものを創りだそうと志すこと 壮健 品性を磨き真理を求め創造を志す基である身体が健やかで丈夫なこと

行動指針 Mission Statement

英数学館小・中・高等学校は、自信を持ち、共感し、
国際的な視野をもつことができる児童・生徒を育成します。
そして、自分の夢を探究し、地球や社会に積極的に貢献していきます。
活動的な学習環境を通じて、児童・生徒は自らの天分を
最大限に伸ばし、日々の生活を通して知徳体の調和をはかり、
豊かな品性を身につけようとする姿勢を育みます。

Eisugakkan Elementary,Junior and Senior High Schools cultivate students who are confident,
compassionate and globally-minded. Students are inspired to pursue their dreams and
contribute positively to the local and wider communities of the world. Through an active
learning environment, students are challenged and supported to reach their full potential.
Every student will acquire the skills and attitudes needed to achieve excellence and success
throughout their lives.

学校長挨拶

写真

サイン

英数学館高等学校 校長 永留 聡

「グローバル人材の育成」の急務が叫ばれ続けていますが、「グローバル人材」の定義とはなんでしょうか。私が考える「グローバル人材」とは、英語を流暢に話す事ではありません。もちろん、英語はコミュニケーション言語として大切ですが、むしろ母語である日本語をしっかりと身に付け、伝達の道具としてのみでなく、思考の道具として使いこなす力量が必要です。
人間は言葉を使うことができるからさまざまものが考えられます。その為の最適な方法が「読書」です。いろんなジャンルの本を読み、さまざま考え方・文化の違いを認識し、他者の考え方を受け入れることを学ぶことができます。これができる生徒こそ本校が目指す「グローバルエリート人材」だと考えます。日本古来の美徳を尊び、身に付け、英語という道具を駆使し、地球規模で物事を考え、活躍できる人材を輩出して参りたいと思います。

OB紹介

準備中