生徒の活動

各種検定取得への取り組み

英数学館中学校では、漢字検定・英語検定・数学検定などの検定にチャレンジしています。毎年、目標を定め、合格に向けて取り組んでいます。資格検定は、多くの大学で受験科目として活用されている大学もあります。実社会に出てからも大きなアピールポイントとなります。検定の合格を勝ち取ることで、今後の学習意欲向上を目指し、社会で求められる基礎的な教養を培っています。

漢字検定

漢字検定は、漢字能力を測定することを目的としたテストです。漢字を「読む」「書く」という知識量のみならず、漢字の意味を理解し、文章の中で適切に使える能力も測ります。

取得状況

中学1年生

グラフ

中学2年生

グラフ

英語検定

英語検定はコミュニケーションに欠かすことのできない4技能をバランスよく測定することを目的としたテストです。日常会話から社会的な題材までの内容が含まれているので、問題を解きながら知識を深めることができます。

取得状況

中学1年生

グラフ

中学2年生

グラフ

数学検定

数学検定は、数学の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測る記述式の検定で、公益財団法人日本数学検定協会が実施している全国レベルの実力・絶対評価システムです。

取得状況

全体

グラフ

※平成30年3月時点

英数学館中学校の生徒2名が英検1級取得!

現在高校1年生の包くんと寺迫さんが、昨年英数学館中学校在学中、英語検定の1級に合格しました。英検1級は、大学上級程度のレベルを受験の推奨目安としており、合格するには高い英語力を必要とします。英検1級のメリットは沢山あります。例えば大学などの入試において合格判定で優先されたり、内申点に加算されるなどの優遇措置があります。また、大学等の在学中において、級に応じて英語科目の単位として認められます。身につけた英語力を生かし、将来、グローバル社会で活躍することを期待しています。  
英数学館中学・高等学校は、英語検定だけでなくTOEICの受験にも力を入れています。一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会 (TOEIC)から優秀な成績を修めている生徒が多数在籍しているということで、毎年感謝状が贈られています。

部活動

ロボコン全国3位!

 1月20日(土)に東京都で行われた創造アイデアロボットコンテスト全国大会応用部門で、本校技術部のチーム「やまもん☆NEXT」が3位で表彰されました。全国大会という大舞台で、緊張は大きいものだったと思いますが、チームで団結し、支えあって素晴らしい結果を残すことができました。

集まれ!科学への挑戦者優秀賞!

1月21日(日)に岡山大学で開催された「集まれ!科学への挑戦者」に中学生2名と高校生1名が参加し、課題研究の内容をポスター発表しました。ℓ‐メントールを用いたアカハライモリの麻酔薬への応用についての研究が評価され、優秀賞を頂きました。

Mangahigh アジア第26位!

英数学館は、Mangahighというオンライン上で数学の問題を解く世界大会に毎年参加しています。昨年度の英数学館中学校の成績は、アジア第26位でした。個人で優秀な成績を修めた生徒には、得点に応じて金・銀・銅メダルが贈られました。今年はさらに上の順位を目指します。

ボランティア活動

ふくやま東部文化フェスタ

福山市東部市民センターで毎年行われる文化フェスタのボランティア活動に参加しています。昨年度は9年生15名が自主的に参加し、地域住民のステージ発表や展示のお手伝いをしました。

校外一斉清掃

本校では、学校の周辺地域を中心に一斉清掃を行います。単にゴミを拾う、溝掃除をするだけでなく、環境問題や地域美化について考える良い機会になります。

エコキャップ運動

英数学館中学校では、インターアクトクラブ(ボランティア部)を中心にエコキャップ運動に参加しています。回収したペットボトルのふたはNPO法人を通して売却され、その利益で発展途上国の子どもたちにワクチンを届けます。