男子バスケットボール部ウインターカップ2020出場決定

2020年10月19日

10月18日(日)に開催された「令和2年度 広島県高等学校秋季バスケットボール大会広島県大会(モルテンカップ)」にて、本校男子バスケットボール部が準決勝で瀬戸内高校に72−69で勝利し、決勝進出を果たしました。

試合開始後、互いに主導権を争う展開になるも英数学館は波に乗れず、瀬戸内がリード。
前半を25−37で終え、12点を追う形で後半を迎えました。

その後ディフェンスを修正し、徐々に点差を詰めていくも追いかける展開が続き、瀬戸内が14点リードしたまま最終クォーターを迎えました。

生徒たちは「やり切れ。とにかく出し切れ」という辻ヘッドコーチからの言葉を胸に、最終クォーターへ臨みました。諦める生徒は誰一人としておらず、今まで練習してきたこと全てを出し切ろうという姿勢で徐々にディフェンスの精度を上げ、点差を縮めていきました。最終クォーター残り2分30秒、フリースローを決めて逆転すると、その勢いのまま相手を押し切り、決勝進出を果たしました。

決勝戦は、10月25日(日)に行われます。対戦相手は、広島皆実高校です。

なお、決勝へ進出した本校と広島皆実高校には、2020年12月下旬に開催予定の「第73回全国高等学校バスケットボール選手権大会(ウィンターカップ2020)」への出場権が与えられます。

なお、福山地区のチームが、全国大会に出場するのはバスケットボールでは56年ぶりの事です。

英数学館はみなさんの学校生活に全力でコミットします。英数学館は「好き×「得意 世界に生きる「あなただけの武器」

を手に入れる学校です