バナー

3年間、個性を活かし、「好き」と「得意」で世界に飛び立とう

興味関心の軸を見つけ、ユニークな個性を発揮する自己認識と自己実現に向けた自己規律を養います。

01 自分にあった学び方を学ぶ

英数学館には個性的な2つのクラスがあります。リアルな社会課題をテーマに、リサーチや議論、プレゼンテーションまでインプットとアウトプットを繰り返す探究的な学び方を学ぶためのアドバンストクラスと未知なる社会の課題を解決するために必要な学び方を学ぶためのIBクラスがあります。

01 自分にあった学び方を学ぶ

アドバンストクラス

アドバンストクラス

どうやって問題を発見しアプローチすればいいのか、リサーチ・議論・思考・行動のサイクルを継続的に体験し、探究的な学習スタイルが定着することで、社会や世界を知り、「好き」や「ワクワク」を見つけ、それを磨くことから人生の幅を拡げていく新しい学びを提供していきます。また、最新テクノロジーによる効率学習で第一志望の進路を実現します。

アドバンストクラス

IBクラス

IBクラス

多様な文化の理解と尊重の精神を通じて、より良い、より平和な世界を築くことに貢献する、探求心、知識、思いやりに富んだ若者を育成することを目的としている(IBの使命)国際バカロレアのディプロマ・プログラムを実践するクラスです。国際的に通用する大学入学資格(ディプロマ資格)を取得すると、海外の大学への進学を可能にするだけでなく、日本の大学でも、推薦入試やAO入試、特別選抜で活用され、その重要度は益々高まっています。

IBクラス

02 たくさんの経験とたくさんの発見をする

英数学館でたくさんの経験をし、発見する。発見したことは自分にとって将来欠かせないものになるかもしれません。「好き」と「得意」が交差する場所で生きていくことこそが、ユニークな個性を発揮していきます。

02 たくさんの経験とたくさんの発見をする

ユニークなアクティビティ一

ユニークなアクティビティ一

持続可能な社会や環境問題についてインプットからアウトプット、フィードバックまでを総合的に探究し、スキルも同時に学ぶ必要があります。プレゼンテーションのやり方など社会では当たり前のことを学校で学ぶことも必要となるでしょう。

また、英数学館の卒業生には、地元企業から日本を飛び出し世界で活躍する人がたくさんいます。そういった先輩たちから、これまで培ってきたノウハウを聞くことで、多様な生き方や考え方を知ることも大切なことです。

ユニークなアクティビティ一

「好き」と「得意」が交差する場所

「好き」と「得意」が交差する場所

好きなことに時間を忘れるほど熱中できる人生を送りたい!でも、嫌いなことは避けて通れない。例えば、部活動は好きだが、勉強が苦手だ。でも、勉強が部活動に活かせることはないかを考え、発見できれば、勉強も楽しくなるはず。

嫌いなことから目をそらさずに、「好き」と「得意」が交差する場所で生きていくことこそが、最も個性を発揮できるでしょう。英数学館は、あなたが何を得意とし、どんなことをしているときに幸せを感じられるかを自然と見つけることができるようなプログラムを提供し、そのためのサポートを行います。

「好き」と「得意」が交差する場所

03 「好き」と「得意」を
経験豊かな教師陣が支える

多様化する大学入試制度は2020年度から始まります。そんな中、英数学館では、生徒が主体的な学びや、学び方を学ぶことで、「好き」と「得意」を経験豊かな教師陣がサポートしていきます。

03 「好き」と「得意」を<br>経験豊かな教師陣が支える

多様化する入試制度

多様化する入試制度

大学入試制度の多様化に伴い、生徒の進学先の選択の幅も広がっています。一昔前は、一般入試で国公立大学、私立大学に進学する生徒が多かったですが、近年、総合型選抜と学校推薦型選抜の入試方法を使って大学に進学する生徒が増加傾向にあります。 英数学館では、多様化する入試制度に対して、生徒が希望する進学先に合格できるように、経験豊かな教師陣が支えます。

多様化する入試制度

きめ細かな進学指導

きめ細かな進学指導

 英数学館では、高校1年生のときから、個人面談を通じて、生徒の学習・生活環境の把握を行っています。経験豊かな教師陣が、生徒が希望する国内外の進学について、サポートしています。

毎年6月には、大学の先生方をお招きし、大学進学説明会を開催しています。大学入試のことやキャンパスライフなど知りたいこと、興味があることを、直接、大学の先生から聞けるので、生徒は大学を身近に感じ、参加した大学に実際に進学した生徒も多数います。

入試時期になると、高校3年生は特別な時間割になり、朝から放課後まで個人にカスタマイズした時間割で指導を行っています。多くの生徒は、県外へ進学する傾向があり、IBクラスの生徒の中には、海外の大学に進学する人もいます。

きめ細かな進学指導

Day of EISU Gakkan

生徒の1日に密着。英数学館での1日の流れをご紹介します。

am 10:00am 10:00
am 10:00am 10:00
am 10:00am 10:00
am 10:00am 10:00
am 10:00am 10:00

朝から活発に!

外個人の先生と論文のミーティングや、個別に数学の質問を先生に聞いたり、部活動の活動を行ったりしています。

未来を考えて!

50分授業をベースに、生徒が自ら学べる環境を提供しています。大学入試改革が進むことを踏まえ、100分授業の枠を作り受験勉強をスムーズに行える環境も整えています。

友人とのひとときを

昼休みは40分、友人たちと昼食を教室で食べたり、校庭で話をしたりと思い思いに楽しんでいます。

探究型の深い学び

生徒が、主体的に考え、学ぶために、授業にも先生の工夫が見えます。生徒からの評判もいいです。今後は、探究的な学びを発展させていくために、2020年からは「Eisuラボ」を立ち上げ、探究型の新しい学びに、生徒が挑戦し始めています。

放課後の活動

部活動や生徒会活動、補習など、ひとりひとりの目標に向かって全力で取り組みます。個別に対応できる環境も整っていますので生徒一人ひとりにあった学びが確立できるでしょう。

Events of EISU Gakkan

英数学館の年間行事と詳細をご紹介します。

1.体育祭

【生徒人気No.1】
生徒が最も人気の行事は体育祭。体育祭では、違う種目を毎年考え、高校生と一緒になって赤白の2つのチー、むに分かれて競い合います。応援合戦や女子生徒によるダンスが披露されます。

2.文化祭

【小中高一体のお祭り】
文化祭は秋桜祭といわれ、クラスで模擬店の内容を考え、教室がお化け屋敷に変化し小学生に大人気です。野外ステージでは軽音楽部によるステージが行われます。

3.研修旅行

【海外を知り、海外に行き、海外を学ぶ】
研修旅行は、生徒が楽しみにしているひとつです。ただ行くだけでなく、ルールの厳しい国シンガポールを知ることから始め、現地の大学生と班活動も行います。帰国後は、研修の報告をすることで研修を振り返ります。

4.国内10大学説明会

1年間 【大学のイメージし、進学意識を高める】
関東・関西の大学の先生方をお招きして大学進学説明会を毎年開催。大学の先生方から直接話が聞けるので、大学のイメージがわき、受験の意識を高めます。

5.関連大学見学

【実際の大学の学びを体験】
高校1年と2年のときに、関連大学の岡山理科大学や倉敷芸術科学大学に見学に行きます。実際の大学の講義を受け、大学生活を身近に感じることで、大学ではどんな学びが自分に合っているか見つける機会になっています。

6.海外留学

【異文化に触れ、大きく成長】
高校1年の希望者は。海外教育交流協定を結んでいるアメリカのフィンドレー大学との間に語学研修プログラムが用意されています。短期の留学でありますが、海外大学の学びが経験でき、また、現地の文化に触れることができます。

Entrance exam / open school

入試情報や学校説明会・オープンスクールなどの情報はこちら

イベント・オープンスクール

イベント・オープンスクール

オープンスクールや学校説明会など楽しく知ることのできるイベントをご用意しています。

入試日程・募集要項

入試日程・募集要項

入学要項や願書、転入の手続きなどこちらから入手いただけます。

英数学館はみなさんの学生生活に全力でコミットします。英数学館は「好き×「得意 世界に生きる「あなただけの武器」

を手に入れる学校です