自主的精神に満ち、生き生きと活動する子どもを育てます。

At Eisugakkan Elementary School, we provide a learning environment that nurtures critical thinking skills, judgement skills, communication skills, and other skills and attributes crucial to success and making the world a better place in the 21st century.
Through a wide range of learning experiences, exposure to various cultures and, of course, acquiring proficiency in both Japanese and English, Eisugakkan students will develop international mindedness together with a strong Japanese identity.
Come and join our community of learning!
Tom Merner Deputy Principal

英数学館小学校では、子どもたちがこれからの21世紀を生き、世界をより良くするために必要となる思考力、判断力、表現力などを育むことができる学びの場となることを目指しています。様々な体験や文化に触れることを通して、日本語と英語のコミュニケーション能力はもちろんのこと、子どもたちが国際的な資質を身につけることが本校の願いです。
私たちの学びのコミュニティーにぜひご参加ください。
副校長 ・ PYPコーディネーター トム・マーナー

国際的視野をもつ人の育成

子どもたち主体の探究学習

英数学館小学校では、国際社会に貢献する人材の育成を建学の理念として、コミュニケーション力を身につけながら、主体的に考え、責任を持った行動ができる子どもを育成するため、初等教育段階からグローバル化に対応した教育環境づくりに先進的に取り組んでいます。
子どもたち自身が問題や課題等を発見し、正解のない答えを導き出していく学習の過程を繰り返しながらその内容について深く学んでいく探究学習に取り組んでいます。年度末に行う「EXPLORERS' FAIR(エクスプローラーズフェアー)」では、子どもたちが自分たち自身で学習した内容についてまとめ、自分の言葉で相手に説明するプレゼンテーションを、全学年で実践しています。

小中高12年一貫教育

英数学館では、日本人としてのアイデンティティの確立、コミュニケション能力の育成、自ら深く考え、問題を解決する能力の育成といグローバル人材の育成に、小中高12年一貫して取り組んでいます。

小中高12年一貫教育

イマージョンプログラム

英数学館小学校はImmersion Programを導入しています。

Immersion Programとは、1960年代にカナダで始まった第二言語指導の手法のひとつで、その後、研究成果が数多く報告されるに伴い、世界各国で導入されるようになりました。学校における全授業時間の少なくとも50%以上を第二言語で行うプログラムをイマージョンプログラムとみなします。英数学館では、授業を含めた学校生活の50%以上の時間を英語の環境に浸って過ごすことができる教育課程を導入しています。このような環境の中で、自然に英語力を習得することができ、グローバルな資質とともに生きる力を身につけていきます。

生きた英語を学べる英語教育

英数学館小学校では、1年生から外国人教員による英語教育に取り組み、「生きた英語」を子どもたちが自然に楽しく学べる環境を整えています。アメリカ、オーストラリアなど、4カ国9名の外国人専任教員が在籍し、校内で毎日様々な国の英語に触れ合うことの出来る環境は、英数学館ならではです。
また、文部科学省が重要視する、主体的に考え、積極的に英語の知識や技能を活用して表現するための4技能「聞く」「話す」「読む」「書く」を小学校段階から着実に身につけることも英数学館の特徴です。

生きた英語を学べる英語教育

実用英語技能検定取得級実績

実用英語技能検定と同様、英語力を試す機会として、2016年度よりケンブリッジ英語検定を受験しています。(希望者のみ)

ケンブリッジ大学(Cambridge English Language Assessment)が実施しているケンブリッジ英語検定は、130ヶ 国以上で実施されている年間300万人以上が受験する権威ある試験です。世界で最も広く認知されている当検定 の認定書は、生涯にわたる世界標準の英語力の証明となります。 ※ケンブリッジ英語検定事務局ホームページ参照

Thie Page Top